2018年01月25日

豆乳スイートポテト

今日は豆乳スイートポテトのレシピを紹介します。

卵やバターを使わずに、簡単に作ることができ、子どもたちにも好評なメニューなのでぜひご家庭でもお試しください。

<材料>
さつま芋   1本(蒸して皮をむいた状態で300g)
砂糖     大1
塩      ひとつまみ
豆乳     60cc
◎醤油・みりん・はちみつ  各小さじ1
黒ゴマ    適量


1.さつま芋を蒸す。竹串で刺してみて柔らかくなっていればOK。
 電子レンジご使用の場合は洗ったさつま芋を1本丸ごとラップで包んで3分くらいで柔らかくなります。

2.さつま芋が温かいうちに適当な大きさに切り、皮をむく。

3.マッシャーでさつま芋を潰し、砂糖・塩を加える。

4.豆乳を少しずつ加えながら、生地が滑らかになるまで潰す作業を行う。

5.さつま芋の形に手で形を整え、オーブンシートを敷いた天板の上に並べる。

6.◎の醤油・みりん・はちみつを混ぜたものを刷毛などで塗る。

7.黒ゴマを飾る。

8.オーブンに入れ、200℃で10分ほど(好みの焼き色)焼く。

IMG_7579.JPG

まだ寒い日が続きますので、温かいおやつでゆっくりしましょう。



posted by よろこび at 12:01| Comment(0) | おやつ

2018年01月18日

予定表づくり

こんにちは。加藤です。

子どもたちの活動は予定作りから始まります。

こちらが予定を立てておいて一緒に確認する子。
絵カードを見ながら確認する子。
時間を意識してもらうように時計と合わせて予定を作る子。
様々な子がいます。
どの子も最初は予定の書いてあるホワイトボードを見ても、それを意識する事はありませんでしたが
回数を重ねていくことで予定表の意味を理解し、活動の中でその存在を意識するようになってきています。

今日は小学校低学年のお子さんと一緒に予定表づくりから始めました。
「予定表つくりまーす」
と言うスタッフの声掛けに、ホワイトボードの一番上に名前を書きました。
「!言われなくても名前書いてくれたんだね」と言うと、その後もスタッフの声掛けを待たずに
「トイレにいきまーす」「次は工作です」…と自分で考えて写真カードを順番に貼ってくれました。
最後の「おかあさん」「おむかえ」までひとりで考えることができました。

「じゃあ次は書いてみようね」
と写真カードに合わせた言葉の見本の紙を見せると、写真カードの横に書き始めました。
スムーズに書ける文字もありますが、思ったように書けない文字もあります。
どうするのかな、と見守っていると「あれ?」と言いながら、書いては消して、書いては消して。
自分が納得のいくまで書き直し続けていました。
どうしてもうまくいかないときは「てつだって」と横にいるスタッフに助けを求めます。

そんな様子を繰り返しながら予定表は完成!

IMG_7570.JPG


予定表の意味や存在を理解・意識できるようになったこと。
自分から意欲的に取り組んでくれたこと。
うまくいかなくても諦めずにチャレンジ出来たこと。
本当に困ったことにスタッフに助けを求められたこと。
短期間での大きな成長にスタッフみんな驚いたり喜んだり。

完成後の予定をもとに、ひとつ終わると次の内容を確認し、お母さんのお迎えまで何事にも一生懸命取り組むことができました!

モンテッソーリ流「自分でできる子」の育て方

新品価格
¥1,512から
(2018/1/22 12:48時点)


posted by よろこび at 00:00| Comment(0) | 活動

2018年01月08日

このゲームを知っていますか?

こんにちは。小林です。

皆さん、このゲームを知っていますか?

コリドール.jpg

「コリドール」というゲームです。
自分の手元からスタートした駒を相手のところまで動かすゲームです。
駒を一マス進めても良いし、持っている“壁”を使って相手の邪魔をしても良いんです。
“壁”の枚数は決まっているので、どいういう作戦でゲームを進めていくか、先のことも考えながら行わなければいけません。

「今ある目の前のこと」だけではなく、自分の持っているものや相手の持っているものを見ること、そして相手の動きを見ながら考えること。
「全体を見ること」、「ちょっと先を考えること」をゲームの中で体験してくれています。

posted by よろこび at 13:42| Comment(0) | おやつ